1. トップ
  2. コラム
  3. ラグ選びのポイント

COLUMN

コラム

ラグ選びのポイント

#LepRium

もうすぐ今年も終わっちゃいますが、歳を取るにつれて時間が経つのが早すぎて、この時期になるとしんけん焦りだすのは私だけでしょうか(笑)??
さて、寒くなると増えてくるのがラグを購入するお客様。
ラグといっても一概にどれを買ってもいいという訳じゃなくて、やはり用途はしっかり考えた方がいいですね。
一番に考えなきゃいけないのが、ラグを洗いたいかどうか。

ラグ選びのポイント

例えば、うちですが、おバカちゃんなワンちゃんがいて、まぁトイレトレーニングを覚えきらず、ラグの上で粗相をしちゃうワケですよ。
なので、1週間に1回はラグをコインランドリーに持って行って洗っております。毎週1200円ラグ洗うのにかかるわけですよ…(´;ω;`)ウゥゥ
このようにペットを飼っていたり、小さなお子様がいらっしゃる方は洗えるラグの方がオススメです。

見分け方は簡単。裏がこのようなラグは洗えます。

ラグ選びのポイント

このように厚い縁取りがあるようなものは自分では洗えません。クリーニングに持って行くことになります。

ラグ選びのポイント

裏見ても分かんないという方は、触って折り曲げてみて、それが柔らかく、コインランドリーや洗濯機に入りそうだというものはOK。
硬くてどうにもくしゃっと折り曲げて入れるの無理だろ!というものは不可能なので、そんな感じで判断しても無問題。
ま、お店の人に聞くのが一番ですがww

その他ラグ選びでポイントになる特徴を抑えること。それぞれメリットデメリットがありますからね!

●毛足のないラグ

ラグ選びのポイント

手入れが一番しやすいですね。洗えるタイプも多く、価格も比較的安いのが特徴です。
掃除機でも簡単にゴミが吸い取れます。柄も豊富で模様があるラグを探されてる方にはオススメです。
ただし、厚みも毛足もないので、冬は寒いです。ホットカーペットを敷いた方が良いでしょう。

●毛足の長いラグ

ラグ選びのポイント

髪の毛とかペットの毛が絡まりやすく、掃除機でもなかなか吸い取れなかったりします。
この毛足が光沢のあるようなシャギーラグだと比較的掃除機でも取れるのですが、毛糸のようなものだと取れにくいのがデメリット。
ただし、踏んだ時の触感がいいのと高級に見えるのが特徴ですね。
お値段はピンキリで安いものもあれば高いものもあるので、希望価格を店員さんに言って探してもらうのがベター。

あと、よく色を迷われる方が多いです。ラグは面積も広く、色を変えただけで印象が全然変わります。
床の色、カーテンの色、ソファの色とすべてに干渉してきます。

ラグ選びのポイント

ラグ選びのポイント

ベツダイさんのZERO-CUBEで作ってみましたが、このように全然違う雰囲気になるんですね~。
LepRiumでは、このようなシュミレ―タ―をご用意しているので、ご自宅の色合いを入れ込んで客観的に見ることができます。
色合わせが分からない~なんてお客様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談くださいね~!!

牧 敦子牧 敦子−ATSUKO MAKI
大学卒業後、TVや出版関係、さらには内装業の現場で大工の経験を経て、29歳で大分市府内にインテリアショップMowLiftをオープン。
またショップの運営と合わせてモデルハウスや様々な店舗のコーディネートを手がける。
2015年には稙田に店舗を移転し、インテリアショップ・カフェ・グリーン・フォトショップで構成された新しい形の複合施設「LepRium」を開設。
インテリアは人気家具ブランド「CRASH」「a depeche」「Momo Natural」を中心とした家具と、ずっと使い続けられる飽きの来ない雑貨を取り扱っており、人気を集めている。

Facebook - https://ja-jp.facebook.com/LepRium/

記事一覧に戻る

PAGE TOP

© BETSUDAI.